So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

朝の出来事、ふたつ。

080217-02.jpg
ポストに手紙を投函して「今日も寒いねぇ」と見上げた先にこの眺め。
“ス”から“下”まで間、きっと一晩中、ここで朝が来るのを待っていたんだねぇ。
朝日の暖かさで体をあっためながらじっとしている姿、
かわいいというよりちょっとジーンとします。
080217-01.jpg
ジャイアンも健在です。
赤い実が全くなくなったので
メジロのみかんを横取りしてご満悦です。こらっ。

いつか“近松デビュー”。

特に映画を観たわけでもないのだけれど
細野さんがつくったと聞いて前から少しだけ気になっていた
映画「銀河鉄道の夜」のサントラを買った。
全部がいいとはいいませんが後半の曲が気に入っています。
暗闇を漂うようなふわふわとした感じがよくて
この数日、ちょっとずつ聴いている。

“ちょっとずつ”というと図書館から借りてきた
「谷川俊太郎質問箱」も毎日数ページずつ読んで
さっき読み終わり、なかなか面白い本だったなぁー。
谷川さん自身がきっと面白い人なんだなぁ、きっと。
絵もそうだけど、言葉もその人がでるもんね、たぶん。
誰かへの手紙やブログを書いていてユーモア溢れる言葉で
書いてみたいと思うけど無理だもんねぇー、私には。
ユーモアの才能かぁ、いいなぁー。

“面白い”といえば私の最近気に入っている作家 三浦しをんの
「仏果を得ず」はあっと言う間に読み終えてしまいました。
文楽が舞台とはいえ、私好みのユーモアもあって
それになぜか少女漫画の匂いがするんだよなぁ。
文楽にも興味が湧いたことだし、今年観る機会があれば
知ってるところから“近松”でも行ってみましょうか。
思い出したけれど北野武の映画で唯一好きな映画「Dolls」。
あれも“近松の世界”。人間が文楽の人形を演じているような映画でしたね。
080211.jpg
写真にありますが、うぐいすの声を昨日聞きました。
家族によるといつもの年より1ヶ月早いそう。
春だなぁと手放しで喜べないですねぇ。

毎日、メジロ。

夕方にはこの状態となっているみかん。
“人には真似のできない美しい食べ方”と毎日笑っておりまする。
080203-01.jpg
やっと“脱!半径5m”かと思えば、またまたメジロの写真だったりしてます。
会社のコピー機の横の窓から見える風景。
パソコンで疲れた目には“梅にメジロ”はいい休憩場所となるのですな。
080203-02.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。