So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジャイアンの近況。


庭のピラカンサの実が無くなると
思った通り、この場所にジャイアンは来なくなりました。
全く現金なヤツだ。(寂)
とはいえ、家族の話によると
時々、庭のあちこちに出没しているらしく、
変わらずまるまるとして、しっかり生きているようです。

この写真はちょっと前。
霧の朝、食事休憩中のジャイアンと、
風の強い日、モンロー状態のジャイアン。

また冬になったら食べにおいでね、ということで。


満開だとばかり思っていたのに、
今日はもう桜吹雪きとなって散ることに忙しいようですな。
しかし、散り行く桜っつうのは
なぜに寂しいような切ない気持ちにさせるのでしょうかねー。

今日は九分咲き、明日満開。


番傘さして小雨の中、てくてく歩いて家から5分。
毎年、桜が咲くとカメラを向けたくなるこの場所。
なんてことない場所ですが、
花びらまじりの風が吹いてきます。

少し前に読んだ室井滋「ロケ隊はヒィー」の中で
友人のカメラマンが桜の木の前で撮ったスナップに
江戸時代、お城に奉公していたお女中の霊が写っていて
それ以来、桜をバックにスナップは撮らなくなったそうな。
そういえば、昔から桜には不思議な話がつきもの……。
樹齢何百年なんていう桜の木には
なにかが宿っていてもおかしくないような気もするし……。
そんなことを思い出しながらファインダーをのぞいていたら、
少し背筋がゾクゾクしました。
と言っても、私、今まで“ヒィー”な経験は一度もないんですけどね。(^_^;)

耳をすませば。

060321.jpg
スズメに似てますがスズメではありませんぞ。
ふと眺めた枝先にもにぎやかな春ですな。
近くで鳴いてるウグイスの声、
一緒にじっと聞いておりまする。

声が聞こえるほうには桜並木、
そこの桜も数日で満開となりそうです。

庭をひとまわり。


気付かないでいるとあっという間に春。(になってました)
ぐるりと庭を1周しただけでこんな具合です。
アマガエルは正面から見るとまるで笑っているよう。
モンシロチョウは生まれたばかりのようで葉っぱの間で
じっとしてます。
気配だけですが蛇も庭を横切っていったようです。

桃の節句。

柄ではないけど、先日、江戸時代の雛人形を拝見する機会がありました。
さすが日本人は器用な民族〜!!と思えるくらい
一つ一つ丁寧に作られた髪飾りの細工や着物など、
ほんとにきれいでびっくらこん。
こちらがジーッ見ると、ジーッと見返されているような顔には
それぞれに表情があって……夜見るときっと怖い……。(笑)
とはいえ、何百年もこんなにすましたお顔でお疲れ様!

関係はないけれど、先程、ニュースで久世光彦氏の訃報が流れてた。
こちらはお疲れ様にはまだ早過ぎるではないかな……と思う。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。